FC2ブログ

アカデミー寮滞在確実! ミュンヘン・バレエ・アカデミー サマースクール

バレエ
04 /01 2019
このサマースクールは、ギリギリまで、受付しています。

夏休みの計画が決まり次第、お問い合わせ下さいね。


その後のBMICA(ボッテーニ・メルロ・インターナショナル・センターオブアーツ)のサマーも もちろん アレンジ可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サマースクールの申しこみは、受付中です。


2019 ART 1

これは昨年のサマースクールの修了式の模様です。

次は ブロックス校長が個人レッスンをしてくれた時の写真です。


2019 ART 4

勿論 しっかりレッスンした後は、楽しいミュンヘン観光!!!

2019 ART 2


2019 ART 3


昨年は、2週間のうちに アカデミークラス 16歳以上の生徒さんの中で2人日本人の
女子が入学受験の資格を貰い、そのうちの一人が合格し、
今年の9月に入学することになりました。

今年ももちろんチャンスありです。

さて、さらに!
お申し込みの方へ
>登録料などは不要
>空港送迎、スクール案内とスクール初日、最終日の同行のみも可能
または
>フルサポート プラス一日観光付き

>お友達紹介があった際は特典あり
>ご希望に合わせて、お受けします!!

とにかく お問い合わせ下さいね。

2996pami@gmail.com
スポンサーサイト

ミュンヘン・バレエ・アカデミー サマースクール 大急ぎで 申し込みくださいね!

バレエ
03 /27 2019
この下にも お知らせしましたが、

2019年 ミュンヘン >バレエ・アカデミーの サマースクール
 もれなく 受けつけ中です!
但し、アカデミー寮に滞在希望の方は、今週3月29日までに 申し込んでください。

今なら確実に予約できます。  

早い人順で――――す ♪───O(≧∇≦)O────♪


ブロックス校長から 電話来ちゃって、寮もスクールもすっごく申し込み来てるよ、
早く募集してって。

先週、出かけちゃってたものだから(汗)  その模様は、次回にきさいしますね。

ちなみに。
アカデミーの後に  

ミュンヘンの BMICA サマーコース
も 引き続き受けれます!!

2019年8月26日-8月31日まで

勿論、どちらかでも 全然オッケーです。

スクール、コース申し込みの他、滞在先アレンジ、空港ピックアップなどもちろんサポート出来ます。

ミュンヘン在住、ベテランコーデイネーーター、サポーターにお任せください!
お会い出来たら、留学あるあるのお話しも出来ますよ

まずは お問い合わせをくださいね。

e-mail
2996pami@gmail.com

2019年 ミュンヘン・バレエ・アカデミーサマースクール スケジュール発表、プラス!!

バレエ
03 /12 2019

皆様 お待たせしました 

待ちに待った ミュンヘン・バレエ・アカデミー サマースクールスケジュール
のお知らせが 校長から直接ありました!

今年は、スタジオの調整があった為、少し時間が掛かったそうです。

問い合わせドンドン来ています。滞在先確保の為、ご希望の方は 早めに申し込みください。


バイエルン州立バレエアカデミー(ミュンヘン音楽・演劇大学)の サマースクール
http://www.artinmotionmunich.com/information


日程  
1. 2019年 8月12日ー8月17日 第1週目
2. 2019年 8月19日ー8月24日 第2週目

>2週間参加の方が 滞在先確保のためには、優先されます。

申し込み締め切り 2019年4月30日 
スクール締め切り 2019年 6月1日

>>もちろん 優秀生徒さんには、来年9月入学を目指す 受験スカラシップのチャンスあり!!!
>>講師は、アカデミーの先生方

スクール実費 費用 
1週間  490ユーロ
2週間  800ユーロ

レッスン内容

参加年齢 10歳から12歳のグループ

*女子 クラシック・ポワント・モダン
*男子 クラシック・テクニック・モダン

参加年齢 12歳以上は       

*女子 クラシック・モダン・レパートリー・ポワント
*男子 クラシック・モダン・レパートリー・テクニックレッスン     
  

その他オプションで追加可能なレッスンあり

申し込み代行、希望の方には滞在先のコーディネート、空港送迎、スーパーなど案内、学校同行 (一日観光付き)
​1名から催行、5名以上の申し込みは、サポート費が割安になります。

詳細は、お問い合わせ下さいね!!!

さらに!!!

バイエルン州立ミュンヘン・バレエ・アカデミー(現在15歳あるいは16歳の方)
私立 べネデイクト・マンニーゲル・バレエアカデミー(年齢は上限なし)
BMICA
ビデオ・オーデイション受付中!!

現地に来る前に、無駄な時間と費用を使わずに
可能性を確認でき、入学許可を貰える
貴重なチャンス!!!

(2019年9月入学)

是非、お問い合わせ下さいね。

留学中のけがについて

バレエ
03 /04 2019
すっごく重いテーマなので 留学を希望している方には 
出来るだけ 目を通して欲しいです。

*ちょっと長いのと私目線で書いているので、ご了承の上お読みくださいね。

今年に入って MRTの同行に4回も行っています。また整形外科に関しては、10回近く同行しています。
いずれも大きな怪我や故障でないのが何よりです。しかしながら、近年 留学に来て、レッスンの内容あるいは
レッスンの時間割が合わないのか、体に負担が掛かって、炎症を起こす方が多いようです。


日本にいる皆さんは、足に痛みが有ったり、一寸捻っちゃったり、疲れてしまったりすると、あっそうだ、マッサージに行こう!
整体に行こうって、すぐに行けますよね。

勿論 そこで細かく、相談に乗ってもらって、金額もそれほど高くなくメンテナンスが出来ると聞いています。

海外事情はという そういうわけにはいきません。 

国や地域により違いますが、

このマッサージやら、薬やら、整体は高額です。それから、いきなり必要だからと、予約を入れることはありません。

まずは、整形外科で診察をします。ドクターの判断で MRTを撮ったり、レントゲンを撮ったり、あるいはドクターが
必要と思った際に マッサージであったり、整体であったり、テラピーといった処方箋を出すようになります。
(薬は、処方箋を薬局に持って行き自分で購入します)

これらの施術は、別のそれぞれの場所にアポイントを自分で取り、通院することになります。

診察、撮影、施術費用は、国立・州立アカデミーの生徒さんは、法的な保険に加入できるので、特別な手術、入院、治療以外は保険でカバーされます。
しかし、私立のバレエアカデミーの生徒さんの場合。日本からの旅行保険(留学)になるので、扱いが違います。

保険会社のホームページには、保険会社が直接保険料を清算しますと記載して居るところがありますが、
私の今までの経験では、殆ど生徒さんが先に支払い、保険会社に請求、審査が降りたら 返金されるというものです。
又 保険の規約や約款などに記載されている中で、大抵はマッサージなどのテラピーは、カバーされていません。


となると日本同様に 簡単に行っていた身体のメンテナンスは、出来ないと考えてください。
(もちろん、お金は問題ないわ!ていう方は、別ですよ。)

海外に留学するということは、日本で普通に出来る事 が簡単に出来ない と思ってもらった方が間違いないかもしれません。

最近はやっとスポーツ用のサポーターや、テーピングなど安価に購入できるようになってきてはいますが、日本の湿布など
まだ簡単には手に入りません。

特にバレエ留学の方は、身体が資本です。怪我や病気になってしまったら、限られている留学期間を無駄にしてしまいます。

公演に出れなくなってしまったり、日本ならマッサージ出来るのに、なんてメンタルも落ち込んでしまう方もいます。

怪我をしてしまうと、レッスンを休まない限り治らないので、休むけど、一寸良くなるとレッスンしてまた、炎症がぶり返してしまったり。負のスパイラルにはまってしまうことも。 メンタルも引きずられてしまいます。

勿論、こんな状況だからこそ、サポーターが、医院の予約、整体、あるいはテラピーなど手配し、同行します。だって体の事ですから、大事なんです。きちんとドクターの診断を把握し、治療していかなければなりません。

ただ、残念ながらバレエの生徒さんのほとんどの怪我・故障の原因は、レッスンのし過ぎで、身体が悲鳴を上げて炎症を起こしてしまうんです。ひどいときは疲労骨折にもなってしまう。

留学をお考えになる皆さんには、自分で自分の身体の限界を知り、疲れや、痛みが起きる前に自分でメンテナンスが出来るように。さらに、バレエの基本的な筋肉の使い方が、間違っていないか、など自分の体の遣い方の間違い、癖を良く知るように心がけてくださいね。
(もちろん皆さんん私以上に、お分かりだと思っていますがあえて、お話ししています)

ある生徒さんは、関節が柔らかすぎるとお分かりです。では、それを支えるための筋肉が必要ですね。でも筋肉がつかない、ではどうしたらいいのでしょう、考えて努力しないと故障ばかりになってしまいます。

昔から、ここに痛みが出ることがあって、ここがだめなんですよねえ、じゃ そうならないように、きちんとした姿勢で
足を正しく上げなければいけません。 腰の痛みの原因は、お腹と背中の筋肉をもっと鍛えて、腰の負担を軽減する必要があるなど、皆さんが分かっていらっしゃること、出来るだけ留学前に改善する努力が必要です。

留学が決まったら、留学希望があったら、そして将来海外でプロのダンサーになるのであれば、日本の環境に甘んじることなく、
自分で自分の体を知り、身体を作り、怪我・故障に悩まされないようにまた、メンテナンスが出来るように
しましょう。

当然 プロのダンサーは、身体に支障があったら、役を降ろされてしまいますよね。そうしたら、収入もなくなっちゃうし。

とにかく 丈夫な体、メンタルを作りましょう!!!

将来プロのダンサーとして、バレリーナとして舞台に立つ
皆さんの姿を想像しつつ  いつも、応援しています!!!














素敵なローザンヌ

ミュンヘン郊外
02 /25 2019

夢のような一時から覚め、あっという間に現実の世界に戻ってきました。

ミュンヘンに帰ってきたとたん、あれやこれや、そうそう忙しくて。

その前に、ローザンヌ(スイス)の写真を ちょっとだけ。



宿泊したホテルの部屋から一望できる景色です。
朝起きてすぐにとった写真には、綺麗なレマン湖と山々が見えました。

Lausanne1

そして、夜の景色はまた、同じところから撮ったのですが、湖の反対側にある街並みの灯りが きらきらと瞬き とってもロマンチックでした。

lausannne 2

本当の景色は、これより数倍綺麗でしたよ。

街並みは 古い情緒のある建物が並び、立地を利用した面白い仕組みになっているところがあります。(坂を本当にうまく使って)実際に行ってみないと説明が難しいのですが。サンフランシスコの様に坂になっているのですが,もっとこじんまりして、
ヨーロッパの素敵な雰囲気をかもしだしています。

今回は、自由時間は少なかったので、街並みの写真は無いのですが、とにかくフランス語圏ではありますが、
レストラン、ビストロ、カフェなどは スイス人の優しく、紳士、淑女なおもてなしに感動しました。

気づかなかったのですが、この地域はブドウの産地でもあるんです。だから、もちろんワインも美味しい。
最後の晩餐は、もちろん地元の スイスフォンヂュ !!

本場は本当に美味しい!!! 白ワインと一緒に、頂きました。最後まで、優しいジェントルマンのウェイターさんのサービスと
素敵な雰囲気の中、気取らない美味しいチーズを堪能して、夜は更けていきました。


翌日は、ホテルでの朝食をとった後、40分ほどの特急に乗り、ジュネーブからミュンヘンまで、飛行機でほんの1時間ちょっとで
到着。

こんな感じで 短期間でも、気持ちをリセット出来るんです。

素敵なダンサーやコンクールを観れた上、心が豊かになれる時間。大切な、貴重なひと時でした。

キューリング 恵美子  (PAMI)

バレエ留学生のコーディネーター、サポーター。ライフプランナーです。
在独20年以上。サポートに携わり11年が過ぎました。ドイツのゆとりライフを満喫しつつ、ドイツってどんなところ、生活はどんな感じかな?留学生活は?などの疑問にお答えすべく、時々バレエのお知らせをさせて頂きながら(猫ちゃんのことも)日々の暮らしを現地から発信していきます。


 やっとこ発信 お仕事のホームページはこちらです。
https://2996pami.wixsite.com/ballet-germany